院長より
業績

トップページへ戻る


 トップページ院長より>業績〔2〕

業 績〔2〕

発表論文 前ページより続く
51Yokoyama H, Kawai K, Ohishi M, Sone H: Familial predisposition to cardiovascular risk and disease contributes to cardiovascular risk and disease interacting with other cardiovascular risk factors in diabetes: implication for common soil (JDDM 14). Atherosclerosis 201:332-8, 2008
52Yokoyama H, Oishi M, Kawai K, Sone H: Reduced GFR and microalbuminuria are independently associated with prevalent cardiovascular disease in Type 2 diabetes: JDDM study 16. Diabet Med 25:1426-32, 2008
53横山 宏樹: 非アルコール性脂肪肝の検査とは?. 肥満と糖尿病 7:347-8, 2008
54横山 宏樹: インスリン治療の問題点を再考する、内服薬との併用は是か非か. プラクティス 25:183-7, 2008
55横山 宏樹: CKD×糖尿病の薬物療法、服薬管理. 薬局 59:3379-82, 2008
56戸辺 一之, Hanefeld M, 牧野 英一, 森 豊, 横山 宏樹: 心血管イベント抑制を見据えた糖尿病治療戦略. 新薬と治療 57:3-11, 2008
57菅野 咲子: コメディカルスタッフの活躍を追う 外来診療における生活習慣改善への動機づけ. Life Style Medicine 2:281-6, 2008
58星 由紀子, 石村 郁恵, 山下 りさ, 横田 友紀, 菅野 咲子, 田川 聖子, 宮腰 千晴, 奥田 昌恵, 横山 宏樹: グラルギンからNPH頻回法へ移行した1型糖尿病合併妊婦の3例. 糖尿病と妊娠 8:83-7, 2008
59野出 孝一, 横山 宏樹, 松本 一成: 食後高血糖と動脈硬化. 動脈硬化予防 7:76-89, 2008
60Yokoyama H, Kannno S, Ishimura I, Node K: Miglitol increases the adiponectin level and decreases urinary albumin excretion in patients with type 2 diabetes mellitus. Metabolism 56:1458-63, 2007
61Yokoyama H, Kawai K, Kobayashi M: Microalbuminuria is common in Japanese type 2 diabetic patients: a nationwide survey from the Japan Diabetes Clinical Data Management Study Group (JDDM 10). Diabetes Care 30:989-92, 2007
62Yokoyama H, Kuramitsu M, Kanno S, Tada J, Yokota Y, Kamikawa F: Relationship between metabolic syndrome components and vascular properties in Japanese type 2 diabetic patients without cardiovascular disease or nephropathy. Diabetes Res Clin Pract 75:200-6, 2007
63Yokoyama H, Yokota Y, Tada J, Kanno S: Diabetic neuropathy is closely associated with arterial stiffening and thickness in Type 2 diabetes. Diabet Med 24:1329-35, 2007
64奥田 昌恵, 横田 友紀, 菅野 咲子, 多田 純子, 石村 郁恵, 山下 りさ, 中村 公英, 横山 宏樹: 2型糖尿病における脂肪肝 : その頻度および臨床的特徴. 糖尿病 50:631-4, 2007
65横山 宏樹: 糖尿病診療とPWV、日常生活に生かすノウハウ. PWVを知る PWVで診る. 宗像 正徳 編集. 東京, 中山書店, p. 160-5, 2007
66横山 宏樹: 糖尿病救急症におけるコメディカルの役割. Diabetes Frontier 18:149-52, 2007
67横山 宏樹, 山下 りさ, 横田 友紀, 菅野 咲子: 糖尿病のチーム医療と糖尿病専門医の役割、糖尿病専門クリニックの立場から. Pharma Medica 25:13-6, 2007
68横山 宏樹, 菅野 咲子: 各地の診療現場から、自由が丘横山内科クリニック. 肥満と糖尿病 6:563-6, 2007
69横田 友紀, 菅野 咲子, 多田 純子, 石村 郁恵, 山下 りさ, 奥田 昌恵, 横山 宏樹: 糖尿病外来における通院中断例にみられる意識の調査. 糖尿病 50:883-6, 2007
70石村 郁恵, 山下 りさ, 横田 友紀, 菅野 咲子, 多田 純子, 奥田 昌恵, 茅野 敬子, 川村 しより, 山田 智子, 横山 宏樹: 妊娠前よりグラルギンおよびインスリンアスパルト、ヒトインスリンを使用し健常児を正常分娩した糖尿病合併妊娠の1例. 糖尿病と妊娠 7:58-61, 2007
71Yokoyama H, Katakami N, Yamasaki Y: Recent advances of intervention to inhibit progression of carotid intima-media thickness in patients with type 2 diabetes mellitus. Stroke 37:2420-7, 2006
72Yokoyama H, Tada J, Kamikawa F, Kanno S, Yokota Y, Kuramitsu M: Efficacy of conversion from bedtime NPH insulin to morning insulin glargine in type 2 diabetic patients on basal-prandial insulin therapy. Diabetes Res Clin Pract 73:35-40, 2006
73横山 宏樹: 糖尿病性腎症は増え続けているのか?. 最新医学 61:14-7, 2006
74横山 宏樹, 菅野 咲子: ヒューマログ混合製剤、ヒューマログミックス50注の使用経験. Progress in Medicine 26:882-7, 2006
75横山 宏樹, 蔵光 雅恵, 横田 友紀, 多田 純子, 上川 二代, 菅野 咲子, 松島 雅人: 2型糖尿病におけるピオグリタゾンとアカルボースの併用による抗動脈硬化効果. 糖尿病 49:197-204, 2006
76横山 宏樹, 多田 純子, 蔵光 雅恵, 小林 正義, 栗原 理, 黒木 和子: 高血圧を伴う2型糖尿病における塩酸ベニジピンの動脈硬化および酸化ストレスに及ぼす影響. Therapeutic Research 27:1589-95, 2006
77横山 宏樹: 肥満を含む妊娠糖尿病の栄養指導と管理の実際. 糖尿病と妊娠 5:115-8, 2005
78横山 宏樹: 糖尿病外来 form PWV/ABIの利用(私のやり方). Arterial Stiffness 動脈壁の効果と老化 7:64-5, 2005
79横山 宏樹, 蔵光 雅恵: 2型糖尿病では、早期動脈硬化症マーカーであるIMTとPWVが早期腎症期からすでに高値である. Arterial Stiffness 動脈壁の効果と老化 7:36-7, 2005
80横山 宏樹, 多田 純子, 上川 二代, 菅野 咲子, 横田 友紀, 蔵光 雅恵: メタボリックシンドローム関連因子(BMI, HbA1c, 血圧, 中性脂肪, HDLコレステロール)へ及ぼす生活習慣の影響 : 生活習慣アンケート調査から. 糖尿病 48:809-13, 2005
81野村 英樹, 阿比留 教生, 尾藤 誠司, 横山 宏樹, 内潟 安子: Discussion 「よい指導医」「よい研修」の条件. 糖尿病診療マスター 3:911-24, 2005
82Myrup B, Yokoyama H, Kristiansen OP, Ostergaard PB, Olivecrona T: Release of endothelium-associated proteins into blood by injection of heparin in normal subjects and in patients with Type 1 diabetes. Diabet Med 21:1135-40, 2004
83Yokoyama H, Aoki T, Imahori M, Kuramitsu M: Subclinical atherosclerosis is increased in type 2 diabetic patients with microalbuminuria evaluated by intima-media thickness and pulse wave velocity. Kidney Int 66:448-54, 2004
84横山 宏樹: 哺乳不安定な乳児糖尿病の治療にSMBGをどのように活用させたか、哺乳量に合わせた超速効型インスリン使用の検討. 糖尿病診療マスター 2:179-82, 2004
85横山 宏樹: baPWVは糖尿病では早期腎症期からすでに上昇している. Arterial Stiffness 動脈壁の効果と老化 6:34-5, 2004
86大石 まり子, 横山 宏樹, 池田 俊也: 生活習慣病の外来診療における医療費と時間の実態調査 : 糖尿病と高血圧・高脂血症の比較. 糖尿病 47:363-8, 2004
87Yokoyama H, Hirasawa K, Aoki T, Ishiyama M, Koyama K: Brachial-ankle pulse wave velocity measured automatically by oscillometric method is elevated in diabetic patients with incipient nephropathy. Diabet Med 20:942-5, 2003
88横山 宏樹: Master Lecture 1型と2型の違いを識る、若年糖尿病から. 糖尿病診療マスター 1:510-4, 2003
89横山 宏樹, 平澤 カンナ, 青木 朋美, 石山 真希, 今堀 麻有, 前田 玲: 糖尿病診療におけるミニクリニックの意義、1施設の初期治療効果と文献的考察から. 内科専門医会誌 15:456-61, 2003
90横山 宏樹, 五十嵐 まゆみ, 小山 恵子, 中村 こずか, 吉成 好美, 高橋 佳美, 横山 和雄: メトフォルミンの副作用としての消化器症状の頻度分析と血清乳酸値への影響. 内科専門医会誌 14:441-5, 2002
91横山 宏樹, 小山 恵子, 五十嵐 まゆみ, 中村 こずか, 高橋 佳美, 吉成 好美, 横山 和雄: SMUGを用いた食後高血糖の評価、ナテグリニドの有用性の早期判定への応用. 内科専門医会誌 14:29-34, 2002
92横山 宏樹, 平澤 カンナ, 小山 恵子, 青木 朋美, 石山 真希, 今堀 麻有, 前田 玲, 里麻 茜, 高橋 佳美, 茅野 敬子, 横山和雄: グリメピリドとメトフォルミンの併用療法、2型糖尿病への治療効果. Progress in Medicine 22:3169-73, 2002
93横山 宏樹, 内潟 安子, 岩本 安彦: 小児・若年2型糖尿病、2型糖尿病の合併症と予後. 糖尿病学の進歩. 東京, 診断と治療社, 2001
94Okudaira M, Yokoyama H, Otani T, Uchigata Y, Iwamoto Y: Slightly elevated blood pressure as well as poor metabolic control are risk factors for the progression of retinopathy in early-onset Japanese Type 2 diabetes. J Diabetes Complications 14:281-287, 2000
95Yokoyama H, Okudaira M, Otani T, Sato A, Miura J, Takaike H, Yamada H, Muto K, Uchigata Y, Ohashi Y, Iwamoto Y: Higher incidence of diabetic nephropathy in type 2 than in type 1 diabetes in early-onset diabetes in Japan. Kidney Int 58:302-11, 2000
96横山 宏樹: 小児糖尿病の予後. 小児糖尿病の臨床. 松浦 信夫 編集. 大阪, 永井書店, 2000
97Yokoyama H: Clinical renal findings in incipient type 2 diabetes. Nephropathy in type 2 Diabetes Ritz Eberhard, Rychlik Ivan 編集 Oxford, Oxford University Press, 1999
98Yokoyama H, Sato K, Okudaira M, Morita C, Takahashi C, Suzuki D, Sakai H, Iwamoto Y: Serum and urinary concentrations of heparan sulfate in patients with diabetic nephropathy. Kidney Int 56:650-8, 1999
99Yokoyama H, Okudaira M, Otani T, Watanabe C, Takaike H, Miuira J, Yamada H, Mutou K, Satou A, Uchigata Y, Iwamoto Y: High Incidence of Diabetic Nephropathy in Early-Onset Japanese NIDDM Patients: Risk analysis. Diabetes Care 21:6, 1998
100Yokoyama H, Hoyer PE, Hansen PM, van den Born J, Jensen T, Berden JH, Deckert T, Garbarsch C: Immunohistochemical quantification of heparan sulfate proteoglycan and collagen IV in skeletal muscle capillary basement membranes of patients with diabetic nephropathy. Diabetes 46:1875-80, 1997


<業績〔1〕 >業績〔3〕

〒080-0016 北海道帯広市西6条南6丁目4-3  TEL 0155-20-5011 FAX 0155-20-5015
E-mail info@yokoyamanaika.com
Copyright (C) 2008 Jiyugaoka Medical Clinic, Internal Medicine All Rights Reserved.